奈良で車のキズ・ヘコミ修理ならカーコンビニ倶楽部スペック > 事例一覧 > 未分類 > ハイゼットフロント廻り鈑金塗装

ハイゼットフロント廻り鈑金塗装

ハイゼットフロント廻りのキズ・ヘコミを修理しました。

フロントパネルを交換しないで安く鈑金修理した事例

修理前の写真

   

フロントパネルに大きなキズ・ヘコミ・変形があります。

鈑金作業の引っ張りや叩き出し作業でひずみ・ゆがみが周辺にどんどん広がってしまうからです。電圧をかけて行う「絞り」というそれを解消する工程もありますが、技術者によってかなり仕上がりが違ってくるために自信をもって現物修理を提案できる工場はどうしても少なくなります。

カーディーラーさんなら交換です。ヘコミの面積が大きいと高張力鋼板が使用されている最近のほとんどの車の場合、板金作業の過程で水面の波紋のようにひずみ・ゆがみが広がってしまうからです。「絞り」というそれを解消する工程もあるのですがそれにも限界があり、微妙にゆがみが残ってしまうので

 

お客様のご希望で長年乗られて愛着があり、思い出深いお車の為時間はかかってしまいますが、鈑金修理をすることになりました。

 

このフロントパネルの大きなヘコミで、鈑金修理を快く引き受けてくれるところは中々無いと思います。

一般的に新品交換修理の6割の料金で鈑金塗装修理ができるかどうかが判断の境目になります。つまり技術力が高く作業の早い修理工場ほど困難な板金作業を引き受けることが出来るということです。

時間と高い技術をかけて板金塗装修理を行いますので、お客様もきっとご満足いただけたでしょう。

しかしながら板金修理を選択すればかならず安くなるというわけではありません。
損傷があまりにもひどいと板金作業に時間がかかって作業工賃が高くなりすぎるとメリットはなくなってしまいます。つまり、一般的に技術力が高く作業の早い修理工場ほど困難な板金作業を安く引き受けることが出来る傾向があります。

今回新品部品が生産終了の為フロントバンパ-、ヘッドライトは中古部品を使っていますが

現物修理をすること以外に安くなる理由としてブロック塗装があります。

ディーラーさんで行うボカシ塗装とは、修理していない部分を徐々にシンナーでぼかしていくことで色にグラデーションをかけて徐々に修理箇所の新たに塗装した色になじませながら合わせていく技術で、広く使用されている塗装工法ですが、その分の費用が高くなります。

当店では修理パネルだけをブロック塗装します。塗料の調色にかかる時間はボカシ塗装に比べて2倍から3倍かかる上に、高い調色と塗装技術が必要になりますが、料金が安くなる上に色合わせの精度が格段に上がるというメリットがあります。

修理後の写真

調色もヘコミもとてもきれいに仕上がりお客様に大変喜んで頂きました。

   

当店では国産車カーディーラーさんの下請けも数社行っており仕上がりは心配ご無用です。よほどのご希望がない限り、一般のカーコン工法や軽鈑金工法は行っていません。ディーラーさんと全く同一の従来工法を安価で採用しております。

修理前の写真より白っぽく見えますが光の影響です。修理していない周囲のパネルと比較していただければ、色がしっかり合っているのがお分かりかと思います。
本来なら部品交換修理をするところですが、お客様のたっての希望で鈑金塗装修理をすることになりました。若干のゆがみが少し残る可能性をご説明していましたが、ほとんど気にならない程度に仕上がりました。

 

 

修理後の写真

仕上がりはお客様のご想像を大きく上回っていたようで、とても喜んで下さり、「またぶつけた時にはスペックさんに持ってきます。」と仰ってくださいました。

フェンダーパネルは本来なら部品交換修理をするところですが、お客様のご希望で板金塗装修理をしました。ゆがみが少し残る可能性をご説明していましたが、ほとんど気にならない程度に仕上がりました。

 

当店は板金塗装工賃を一般のカーコンビニ倶楽部とほぼ同様に安く設定しておりますが、修理内容は軽板金ではなく本格的な板金塗装でカーディーラーさんと同じです。お客様のご希望によっては例外的に軽板金塗装をする場合もありますが売上の90%以上は本格板金です。

 

当社の安くて品質の高い鈑金塗装修理の概要は下記をご参照ください。

1. 可能な限り交換しないで現物を板金塗装します。時間はかかりますが場合によっては半額くらいに費用が収まります。一般の方には前後・斜めから透かして見ても修理箇所がそれと判らない程度の微妙なゆがみが残るのみです。

2. 可能な限りブロック塗装をします。調色等に時間はかかりますが料金も安くなるうえに色合わせの精度向上などお客様にはメリットしかありません。一方、カーディーラさんを含む多くの修理業者では色を合わせるために隣のパネルの塗料をシンナーでグラデーションをかけながら徐々に色を合わせていくボカシ作業をします。しかしながら、当店では極力修理をしないパネルの塗装をボカシ塗装したくありません。

3. 当店にはナンバー1塗装ブースメーカーの伊SAICO製ブースが設置されており、空気中の異物や水分はフィルターで除去され、それらが原因で発生するブツやピンホールなどの塗装不良の心配はありません。
また、 塗料、サーフェイサーとクリアーはともに国内最高レベルのものを採用し、特にクリアーはキズがつきにくく紫外線によるダメージを受けにくいものを標準で採用していますので安心かつお得であること。ちなみに外車やレクサスなどの高級車の多くには耐スリキズ・耐紫外線性能が高いクリアーが採用されています。

4. 修理方法は簡易鈑金ではなく本格的な鈑金塗装であり、カーディーラーさんと同等の修理内容であっても時間当たり工賃を安く設定し、高品質で提供していること。実際、複数のカーディーラーさんから下請けも受注しております。

鈑金塗装で新品状態に完全に戻すことは無理ですが、新品に近い状態にすることは可能です。しかし、板金塗装の技術は職人の腕次第なので、上手い下手がはっきり分かれてしまいます。特に下記の点に技術者の差が出ます。
1. 塗装部分の色は合っているか
2. ヘコみや変形部分の修理はきれいに整形されているか
3. ドアやとなりのパネルとのすき間がそろっているか。

もちろん今回のように本来なら部品交換修理をするところを鈑金修理した場合には上記2について限界があります。ご提案のときに十分説明をさせていいただいていますが、ほとんど気にならない程度に仕上がりました。

当店にはナンバー1塗装ブースメーカーの伊SAICO製ブースが設置されており、空気中の異物や水分はフィルターで除去されますので、それらが原因で発生するブツやピンホールなどの塗装不良の心配はありません。

また塗料と下地剤であるサーフェイサーはともに国内最高レベルのものを採用し、塗装の上に吹き付ける透明なクリアーにはキズがつきにくく紫外線によるダメージを受けにくいものを標準で採用していますので安心かつお得です。ちなみに外車やレクサスなどの高級車の多くには耐スリキズ・耐紫外線性能が高いクリアーが採用されています。

この***のヘコミ・キズ修理料金(税別)について

カーディーラーで修理すると約***円かかる修理でしたが、当社では******円で修理できました。
カーディーラーより約*****(******%ダウン)も安くのヘコミ・キズを修理しました。

自動車のキズやヘコミ修理業者を、安さ重視で選ぶと後悔します。
高品質でもっとも安い自動車修理工場をお探しください。

奈良で良い車検をするなら脅威のリピート率を誇る当社本社サイトへ

カテゴリー

新着記事